史上最高のカジノソングBEST5

1970年代以来、カジノは人気のあるエンターテイメントとなっていますが、最近のカジノサービスのほとんどは、インターネットを通して利用されています。無類のボーナスやプロモーションだけでなく、多様な種類のゲームを提供してくれるJackpotCity Casinoといったオンラインカジノをプレイヤーたちは好んで楽しんでいるのです。そして、その他のエンタメ産業もまた、カジノ産業の発達に重要な役割を果たしているのはご存知でしょうか?

カジノに合うエンタメ産業のひとつに、「音楽」の分野があります。素晴らしいカジノ音楽を聴きながら賭けをするスリルに勝るものはありません。そこで今日は、おすすめのベストカジノソングをご紹介します。 

ケニー・ロジャースの『ザ・ギャンブラー』

カジノ業界では人気のサウンドトラック。1970年代にリリースされて以来、常にカジノソングランキングの上位に入っています。

業界のオブザーバーによると、この曲がとりわけギャンブラー達の間で人気が出たのは、その歌詞が理由のようです。歌詞の中で表現されるギャンブルの描写が、カナダのプロギャンブラーたちの心に響いたといわれています。

モーターヘッドの『エース・オブ・スペイズ』

1980年にヘヴィメタルバンドのモーターヘッドが発表しヒットした曲『エース・オブ・スペイズ』は、モーターヘッドが世界的に知られるようになるきっかけとなった曲のひとつです。カナダ同様に世界中でもカジノ音楽として良く知られるようになったこの曲は、発表後すぐさま、カジノソングランキングの上位に上がりました。

スティーヴィー・ニックスの『ザ・ディーラー』

2014年スティーヴィー・ニックスがリリースしたヒット曲『ザ・ディーラー』には、数種のカジノゲーム が引用されていることから、世界中のカジノが使用している人気の曲です。1979年に作られたものの、すぐに発表はされなかった曲で、スティーヴィーのソロデビュー曲でもあります。歌詞にはカードゲームの描写が多く、ビデオではカジノのシーンを再現して、一人でカードを握りながら歌っています。

レナード・コーエンの『ザ・ストレンジャー・ソング』 

カナダ出身の歌手レナード・コーエンが1967年に発表したこの曲は、歌詞がユニークであったことから、カナダの主要カジノにて注目の的となりました。そのユニークな歌詞には、ギャンブルやギャンブラーの行動が表現されています。コーエンは、この曲の他にもギャンブルソングを歌っていますが、とりわけこの曲が人気を集めました。

スティーヴン・スティルスの『ブラック・クイーン』

スティーヴン・スティルスは、同世代で最も過小評価されているギタリストのひとりだといわれています。彼の名前がタイトルのソロデビューアルバムで発表された『ブラック・クイーン』は、間違いなく、最も人気あるスティーヴンの曲のひとつでしょう。冒頭から「これはカードゲームの歌」と始まり、曲の解釈を聴き手に任せるのではなく、歌い出しで設定を提示しているこの曲は、世界中のギャンブラーの間で人気を博しました。

最後に…

オンラインカジノでも実店舗カジノでも、ギャンブラーたちに人気の音楽はたくさんありますが、ランキングのトップに入る曲は特に際立っています。皆さんのお気に入りカジノ音楽はなんでしょうか?上記に挙げた曲に入っていましたか?お気に入りのカジノソングを聴きながら、節度を持ってギャンブルを楽しみましょうね!